【2022年最新】instagram基本表示APIでできることは?

プログラミング

どうもイトサル(@itosaru)です。

instagram基本表示APIってどんなことができるんですか?

instagram基本表示APIではできることが3つあります。

この記事ではinstagram基本表示APIでできることについて紹介していきます。


アクセストークンを発行する

instagramのAPIのリクエストに必要なアクセストークンを発行できます。

その前にinstagramではアクセストークンを発行するために認証コードを発行しなければなりません。

イトサル
イトサル

一般的なAPIと比べてセキュリティがガチガチです。

その認証コードの発行からアクセストークンの発行までをAPIを使って行うことができます。

なお、アクセストークンの有効期限はデフォルトだと発行してから1時間しかありません。

アクセストークンの発行の詳細はこちら

instagram基本表示APIの使い方①アクセストークンを発行する
instagram基本表示APIの使い方として基本となるものはアクセストークンの発行です。このアクセストークンを発行するためには認証コードを発行する必要があります。この記事ではその認証コードおよびアクセストークンを発行するためのPythonプログラムについて説明します。

ユーザー情報を取得する

自分のinstagramのユーザー情報を取得することができます。

言い換えると自分以外のinstagramユーザー情報は取得できません。

イトサル
イトサル

「基本表示」APIなので仕方ないのかもですがちょっと微妙・・・

取得できる情報としては大きく

  • プロフィール情報:アカウントの種類や投稿したメディア数など
  • メディア情報:投稿したメディアの情報の一覧

の2つです。

後者のメディア一覧情報は使い道がありそうです。

ユーザー情報取得の詳細はこちら

instagram基本表示APIの使い方②ユーザー情報の取得
instagram基本表示APIではユーザー情報を取得するメソッドが2つあります。一つは自分自身のプロフィール情報の取得するもの、もう一つは自分が投稿したメディアの情報を取得するものです。この記事ではその2つの情報をPythonプログラムを使って取得する方法についてお伝えします。

特定のメディアの詳細情報を取得する

自分が投稿した特定のメディアの詳細情報を取得できます。

このメディア情報についても自分以外のinstagramユーザーのものは取得できません。

取得できる情報は大きく

  • メディア情報:キャンプション(投稿時に入力したメッセージ)やメディアのURL
  • アルバム情報:アルバム内にあるすべてのメディア情報

の2つです。

情報を取得する際に引数としてメディアのIDを指定して取得します。

メディア情報取得の詳細はこちら

instagram基本表示APIの使い方③メディア情報の取得
どうもイトサル(@itosaru)です。instagramのAPIを使ってみたいです。投稿情報を取得するにはどうすればいいでしょうか。この記事ではinstagram基本表示APIを使って投稿(メディア)情報を取得するプ...

まとめ

この記事ではinstagram基本表示APIでできることをご紹介しました。

改めてできることについておさらいしましょう。

  1. アクセストークンを発行する
  2. ユーザー情報を取得する
  3. 特定のメディアの詳細情報を取得する

正直できることは多くありませんが、メディア情報の取得については使い道がありそうです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました